読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリシタン

お香を作りました、部屋が寺の匂いです。

好きですけどね

さあ最後の長崎

船上から鳥に餌をやる人達を眺め、そして近付く雲仙普賢岳を見て島原上陸です。

折角降りたので、散策する事にしました。

意外と・・・失礼ですが、意外と栄えてましたね。有名チェーン店が幾つもありました

でもひとたび路地を入って行くと細くうねった、そして田舎な民家が立ち並んでました。

名水やら見たり温泉を飲んでみたり、あと微妙な武家屋敷を見てマネキンも見たり楽しませて頂きました。

島原城もちょっとだけ見ました

さて電車に乗り、長崎市へ向かいます。

単線でワンマンでのんびりと・・・途中でババアに切符の買い方を尋ねられました、旅人で地元人じゃねえっつーの。

長崎市に着き、路面電車でホテルへ。

どーでもいいですけど、九州って路面電車多いですね。4県中3県乗りましたよ

さてホテルは中華街の近く、横浜人としては行かないとですよ。日本三大中華街ですもんね

その前にカップルお薦めスポット、眼鏡橋へ。余り期待してなかったんですが、綺麗で良い感じでしたよ。

ちゃんと眼鏡になってました、カップルはいなくて関羽のコスプレみたいなのがいましたけど。

さて中華街、21時頃行ったら既に閉店だったんですけど・・・マジすか。

夜にちゃんぽん食って翌日の昼にトルコライスと言う計画が頓挫しました

この日はホテルのレストランで適当に刺身定食でした、何かホテルのレストラン率高い気がする。

さて翌日、教会です。国宝の大浦天主堂

スピーカーから絶え間なく流れる教会の説明音声が雰囲気を破壊してくれますが、ステンドグラスに日が差すと結構綺麗です。

あれは芸術、美しいと言う言葉がぴったりでした。

次はグラバー園、要は家と庭です。

最初気が乗らなかったんです、異国情緒ある庭と家をオッサン一人で見てどうすんだと。

正にその通りでした、誰かと行った方が楽しめると個人的には思いました。

景色とか家なんかは、まあ見ものとして良かったですけど。

次はガラリと国籍が変わりまして、孔子廟です。

ここも何故行ったのか・・・特に孔子に興味がある訳で無かったのに

まあでもここも見ものとしては楽しめました

神社や寺みたいに線香上げてお祈りしたり、おみくじ引いたり。

あと孔子の功績みたいな資料館もあったんですが、時間が無かったので流し見しました。

これと前後して日本三大ガッカリ名所として名高いオランダ坂を見物

普通の坂でした、すげーな。これを名所とするのが凄いです(歴史的背景とか無視すれば)

んで次は崇福寺黄檗宗の寺だったでしょうか。

黄檗宗の寺って初めて行きました、すげー新鮮。

中国の匂いを色濃く残す感じのお寺です

ここも国宝がありました、山門でしたかね。

異国情緒なお寺で良かったです

そんなお寺を後にし、最後は中華街でちゃんぽん。

横浜基準で中華街を見ては駄目ですね、規模が違う。

んで年末なので小さい中華街の少ない店が更に少なくなる

当然満員が相次ぎました

混み合ってる中、一人で4人テーブルに座り食うちゃんぽんは格別でした。

因みに口内炎が酷くて味より痛みが気になって仕方が無かったです

そんな感じで最後まで大変で、長崎空港に行き飛行機に乗る。

長崎-神戸-羽田って乗継で、家に戻りました。

4県巡り、長い様で短い楽しめた旅でした。