読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻の旅程

ふたたび青春18きっぷの季節がやってきた。毎回青春18きっぷを使っているわけではないが、安上がりな交通手段である。

今回は3/4(土)に出発し、まず母の見舞いに行く。妹に頼まれているホームページ作りも手伝うかもしれない。

翌日の日曜日は「劇場版ソードアート・オンライン」舞台挨拶回のチケットをゲットした。東京会場の分は申込みすらしなかったが、思いのほか出来がよかったので名古屋に行くついでにちょうど開催される舞台挨拶に行ってみようと思ったのだ。午後1時頃には映画も終わるだろうから、そのまま青春18きっぷ美濃太田に向かい、この前夜の風景しか取れなかった長良川鉄道のスポットに自転車でまわる。時間もないし、ほぼ、それだけが目的だ。そして、そのまま高山に向かう。(美濃太田だけなら「青春18きっぷ」を使うのはもったいない)

その晩は高山に泊まり、翌日の日曜日は早朝は「氷菓」の舞台めぐりだ。すでにコンプリートしていたのだけど、その後何カ所かスポットが追加されているのだ。もっとも短い時間でまわる必要がある、朝から「君の名は。」の舞台である飛騨古川駅に行くからだ、気多若宮神社飛騨市図書館あたりはまわってみよう。

そして午前のうちに高山に戻る。そこからバスで白川郷に行くためだ。世界文化遺産だ。2月初めまではライトアップもしていたらしいが、今でも雪は残っているようだ。高山に戻る前には日帰り温泉に入ろう。遅いバスは予約制じゃないけれど。

月曜日は始発を使って奈良に向かう。うまく乗り換えできれば11時過ぎに法隆寺だ。「日出処の天子」だ。修学旅行で行ったことはあるはずだが、ほとんど覚えていない。だが、これも世界文化遺産だ。その後は、奈良駅に移動して東大寺へ行こう。奈良の大仏だ。奈良公園にも行きたい。夕方になったら京都に向かう。よく使っているカプセルホテルが安かったのだ。暗くなっているだろうが宇治では少しだけ「響け!ユーフォニアム」の舞台めぐりをする。デジタルスタンプラリーが3箇所あるからだ。この日の予定はそれで終わり。遅くなるがカプセルホテルに泊まったら、翌日は朝からバスの一日乗車券を使って、この前行けなかった寺社をめぐって、夜行バスで帰京する。そういう予定だった。

土曜日の早朝4時起きして朝御飯を食べ、早めに出てコンビニでSAO舞台挨拶のチケットを発行する。あたりはまだ暗く寒い。何度か乗り換えて東海道本線で名古屋に向かう途中、妹から「母の病院に呼ばれた」というメールが届いた。そして、少し経って「息を引き取った」というメールが来た。その日の9時頃には看護士とお兄ちゃん(私)が来ることが楽しみという話をしていたらしい。1時間ほどして看護士が息がとまっていることに気付き、10時35分に穏やかにこの世を去っていった。

ほんの数時間で最期に間に合わなかったのは残念だけれど、しばらく前から、いつ何があるかわからないという状況が続いていたので、覚悟はできていたし、喪服を妹宅に預けていたりしていたのが役に立った。予定をすべてキャンセルし、病院の霊安室に向かう。そのまま通夜や告別式の準備、そして本番。いかに滞りなく進めることができるかどうかに慌ただしかった。私の知らぬ“過去”を色々知る機会にもなったが、その「ファミリーヒストリー」を記すには、もっと時間が必要になりそうだ。