読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信頼して欲しいのなら取り組みを見せないと(´・ω・`)

信じてもらうしかないって言われても…

不安を訴える親が素直にそれに対して『ハイ、信じます』なんて言うとでも思うのかね

どうして、預けられる側は信頼を得られる様な取り組みをしようとしないの( ・ ・ )?

信じてもらうしかないって…

子ども達への性的虐待防止対策を保護者に説明した後、

はじめて言えるモンでしょうに

って、今時お医者さんでも言わないんじゃない?

手術の説明をした後『大丈夫!僕を信じて』

なんてことは…

取り組みへの意識が低いから保護者から不安な声が出るのだろうし、

保育士さんの意識も低く、処遇も改善されないんじゃない?

オムツ取り替えさせないのは差別だ

なぁんて声たかだか言う前に、

親が安心して預けられる様なそれなりの具体的な対策を持って来てから仰いなさい

って、話

この仕事に就けたのは前の職場があってからこそですが、

この問題に関して…保護者から逆の要望を受けたこともございました。

保育園や幼稚園と同じくマンツーマン対応の職場ではなかったので、

男性利用者の保護者から、トイレは男性職員に対応してほしいという要望です。

それは、頼まれた側が承諾してそのような対応をすることになったハズなのに、

次第にその男性利用者のトイレの対応を頼まれ、

結局押し付けられるようになったこともございました。

緊急事態ちょっと手を貸してと頼まれるどころではなく、

トイレ対応そのものをです。

あの程度、他のチビッ子達に振り回される程度で…。

その男性職員の名前も利用者さんのお名前も言えます。

笑顔の多い職場ではございましたが、

何かちょっと言えば…その笑顔が途端に凍り付くような職場だったと思っています。

なので、「え?○○○さんが頼まれていませんでしたっけ( ・ ・ )?」

と、軽くも言えない…重苦しい笑顔もあった職場だったと思っています。

ミーティングこそあったものの、

まともな勉強会や研修も…振り返りも無いような職場だったと思っています。

「じゃあテメェで面倒見ろ」と、逆ギレをしたり、「信じて」としか言え無いような職場…。

それが子どもを預かる所の実情なんて…

保護者の心配だってそりゃあなくならないでしょうよ

■【関西の議論】男性保育士の女児おむつ替えで論争−保護者は「変な趣味持つ人だったら…」と敏感に 男女差別か性的区別か

(産経新聞 - 03月09日 05:32)