読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガードレールの外側

数年前、高速道路で車が止まった( ;∀;)

おおう、やっちまったぜ( ;∀;)

どないしよ( ;∀;)

落ち着いてJAFへ電話だ。

で、電話してみると。

「車内は危ないのでガードレールの外側に退避ください」

外を見てみる。

、、、川だ。。。

ここは橋の上。

よしわかった!外側に逃げるという事は欄干にぶら下がるという事だな任せろ!!

って無理だからっ( ;∀;)

事情を説明する。

「そうなんですか?困りましたね。じゃあ、、、一番近いガードレールまで走ってください」

えっ( ;∀;)!?

走るの?

脚で?

高速道路をっ( ;∀;)

「はい!走ってください」

マジかorz...

意を決して、車から飛び出し、真夜中のトラックがバンバン走る高速道路を全力疾走する俺。

その距離200m程。

ようやくガードレールが見える。

歓喜しながら、とぅっ!っとガードレール跨いで安全地帯へ。

ところがそこに濡れたビニールが。

脚が滑る。

安全地帯のはずのガードレールの向こう側で滑落する俺。

もうドロドロ( ;∀;)

そうして待つ事20分。

JAFが到着、ありがとう\(^o^)/

車に戻ると

「なんでこんなとこで車から離れて高速道路生身で走ってるんですかっ!?」

叱られた( ;∀;)

いやいや指示に従ったんですよっ( ;∀;)

説明したらわかってくれましたが( ;∀;)

まあエンコは自業自得。

ドロドロになったのも自業自得。

本当にご迷惑おかけしました( ;∀;)

しかし生きた心地がしなかった( ;∀;)

高速道路で人とぶつかる!? 二次的交通事故に注意