読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉なんて如何にでも変えれるよ

今日の読書では、一番得心の行かない部分が出てきた。

それが、承認欲求という物の存在だ。

まーこれも、うちはうち他所は他所の基本理念なのかもしれませんけどね。

そういうふうに考えるからこそ、他人に期待する事もしないですよね。

一番この欲求に苛まれているのが、主婦でしょうね。

どんなに家事を頑張ろうが、怠けているなら散らかるので困るでしょうけど、誰にも感謝もされなければ褒められる事も無い。

その為、張り合いとしては全く無いんだよね。

一応人生の幸せって、人から認められる事だと思ってはいる。

それも、存在意義を認めるというか出会えて良かったと思われる事が、一番の幸せなんですよね。

そうでないなら、その逆に出会わなきゃ良かったと思われるほど憎まれるかですよ。

この承認欲求って見方を変えると、都合の良い人であろうとするとか、損得勘定で動くって事ですからね。

自分にメリットがあれば動くが、無ければ動かないっていうね。

流行の忖度だって同じ事ですよね。

他人の感情を慮る事が良いのだが、慮るばかりで自分を犠牲にしているって事ですからね。

しかしながら、こういう言葉って取りようによって如何にでも解釈出来るんだよね。

だからこそ、思考パターンであったり心の持ちようって大事ですよ。

今日は、昨日の入所分の入力を先にした。

今の状況って、席が足りていないわけですからね。

だから、長時間かかるような物は、サッサと終わらせてしまうに限るんですよ。

昼からは、担当者替えをした。

そろそろ、時期ですからね。

今回からは、完璧を目指して確実な方法を取る事にした。

これまでは、当てずっぽうにしていたわけですからね。