読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/700戦艦『金剛』フルハルモデル製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの帝国海軍シリーズの1/700戦艦『金剛』フルハルモデルを製作中です。

本日は武装の製作と中央構造物、そして前部艦橋の組み上げまでを一気にご紹介します。

フジミの1/700戦艦『金剛』の砲身は砲口が開口されており、そのまま製作するだけでも充分な仕上がりが楽しめます。

ですが、今回は更に精度高める為にアドラーズネストの真鍮挽き物砲身を使用しました。

アドラーズの真鍮砲身はキットのプラ砲身のキャンバス部分を切り取り、断面に取り付け穴を開けてから接着します。

主砲塔本体のディテールアップには、フジミ純正エッチングパーツに付属しているラッタルを使用しました。このラッタルは最近のエッチングによくある、「取り付け場所に合わせた長さに設定されているパーツ」ではなく、「使用箇所に合わせて切り詰めて使うタイプ」のものですので、一本一本長さを測りつつ、必要な長さに切りそろえて使用しました。

なお、砲塔とキャンパスと砲身はそれぞれ別個に塗装してから接着しました。パーツの分割面を塗り分けに使用できるので、個人的に気に入っている方法です。

主砲塔以外の武装では、12.7cm連装高角砲をファインモールド社のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。1944年の金剛を製作する場合、全部で6基が必要ですので、4基入りのセットを2箱用意しました。

中央構造物は2本の煙突と後部艦橋、そして高角砲座、高射装置櫓の合計5つのブロックに分けて個別に塗り分けてから船体への取り付けを行いました。写真には写っていませんが、第一煙突左右の櫓に設置された探照灯もナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。

続いては前部艦橋の製作です。フジミのキットはフロアごとに繊細なつくりとなっていますが、塗装をより能率良く行うために艦橋基部と夜戦艦橋のような(特に塗り分けが必要ない)ブロックについては先に接着を済ませておきました。

なお、フジミの純正エッチングパーツには艦橋窓枠が含まれていないので、ハセガワの汎用エッチングパーツを使用して各々サイズを測りつつ現物合わせで接着を行いました。(写真上段2段の左側が作業前、右側が作業後の様子になります) 

窓枠の取り付けを終えたら、次はフロアのリノリウム色(または木甲板色)と外舷色の塗り分けを行いました。リノリウムの床面塗装は上から見下ろしたときのコントラストが美しく、各フロアの機能美を感じさせてくれるのが良いですね。

羅針艦橋と下部見張所&作戦室を取り付けた様子。このあたりのフロア配置や形状は、先日製作した戦艦『霧島』 に似通った構成になっています。

写真左は戦闘艦橋、そして写真右は副砲測的所と照射指揮所を取り付けた様子です。霧島と比較すると増設された機銃座と弾薬用のエレベーターが目を引きます。

続いて上部見張所を取り付け、最後に防空指揮所を接着しました。ヤードやループアンテナ取り付け台、21号電探などはフジミの純正エッチングパーツによるものです。(無数にとりつけられた双眼望遠鏡はフジミの飛鷹型航空母艦用のランナーパーツを使用しました)

これで主要構造物が全て仕上がり、完成イメージが徐々に見えてきました。残す作業は最上甲板周りの手摺およびラッタルの取り付けと対空機銃&艦載機の製作、張り線とスクリューの追加等です。 中でも対空機銃はかなり数が多くて時間がかかりそうですが、後期型の金剛の精悍さを演出するのに欠かせないパーツですので、是非とも丁寧に仕上げて参りたいと思います。

完成まであと一息ではありますが、まだまだ最後まで気の抜けない作業が続きます。次回は完成写真をご紹介しますので、フジミの1/700金剛型戦艦やフルハル艦船模型にご興味のございます方は、ぜひご覧くださいませ。