読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなり良くなった

先日、新型スイフトに試乗しました。

試乗したのは三ゆ気筒1リッターターボのモデル。

バレーノから搭載された最新型エンジンを、日本向けにレギュラーガソリン仕様にしております。

様々なメディアや一般ユーザーから、振動があると指摘を受けていたエンジンで、一体どれほどの振動があるのか気になっていたのですが、朝一番にエンジンをかけてすぐのアイドリング状態でも、ハンドルやペダルから身体にビリビリ伝わるような振動は皆無でした。

むしろどこに振動があるのかってレベルです。

意識を集中すると、ハンドルが本当微かに震えているかもってレベルです。

走行距離は600km弱の個体ですから、まだ新車です。

個人的にはこの振動について、気にならないレベルでありました。

これが振動だと云うなら、マツダディーゼルモデルの方が振動は大きく、ハンドルもビリビリ震えますが、そちらの指摘はあまり見受けられないのが不思議です。

で、走り出すと車の静粛性が先代モデルよりも、上がっているのが良く分かります。

自分のスイフトよりかなり静かです。

軽量化によってウルサくなっているんじゃないかと思っていたけど、むしろ静かになっていたのは驚きです。

音の聞こえ方も高い音を上手く消しているので、騒がしいと感じる事がありません。

リアのグリップが低いと先代モデルでは指摘されてましたが、見事にこれも解決しております。

先代モデルではコーナーで、リアがムズムズしておりましたが、すっかりそれはなくなり、

ビターっと路面を捕らえ続けます。

おかげで車体のピッチングなども減り、フラットな乗り味が強くなり乗り心地も良くなっています。

安定性が増したことで、キビキビした走りは薄れましたが、ハンドリングは良くなったと思います。

但し、何点かイマイチな所もありました。

先ず、パワステの中立付近から切り始める時の重さと云うか渋さが強すぎる。

もっとスムーズに動き出して欲しい。

もう一つはミッションも含めたパワートレインの制御。

6速のATはスムーズに変速するのですが、マニュアルモードにした時に、2速を維持せず直ぐに3速へシフトアップしたり、3速から2速にシフトダウンしなかったりと、何のためのマニュアルモードかってくらい融通が効きません。

しかも、あえてアクセルをベタ踏みしても、スロットルが全開にならなかったりと、まあ勝手に車が動くこと。

せっかくのパワフルなエンジンが、スッカリ牙が抜け落ちております。

まあ、一般のドライバーだと気がつかないって言うか、こんなものと思ってしまうかもしれませんね。

せめてスポーツモードが欲しい所です。

シートの出来も先代モデルと同等か少し向上した印象で、日本車では最良の部類に入ります。

スバルやトヨタは見習って欲しいものです。

全体的には落ち着いた走りで、またコンパクトカーの基準を引き上げた感じがします。

機会があればターボじゃない、普通の四気筒モデルも試乗してみたいですね。

恐らくこのモデルより、軽さが際立っているのではないかと思っています。

でも、このターボモデルは大きい車から乗り換えても、違和感ないんじゃないでしょうかね。

欧州車が好きな人には、バッチリハマるモデルでしょう。