読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

播磨屋本店の試供品が届いた

何日か前に書いた、兵庫県のオカキ屋さんである。通販で盛大に儲けているらしいが、社長が日本を憂いまくって、街宣車の運行をしているのだ。

ホームページ見るならば、試供品が100円ちょっとの送料だけでもらえるらしいので申し込んでみた。

同封のパンフは、例えばお茶の伊藤園とか、この手の通販のよくあるパターンであるが、やはり、社長の天皇ないし皇太子と、日本を建て直したいという熱い思い、というか、個人的な趣味の主張があふれまくっているのであった。

オカキ自体は、まあ美味しかった。割れせんべいみたいなものも販売していたので、また申し込むかも。

しかし、このパンフはなあ。社長の意見広告は、一般人はやや引くのが当然だろう。これがなければ、この何倍も売れると思うのだが。

恐らくは、この会社のスタッフも、みんなそう思っているだろうな。