読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご存じですか…?

■更年期うつの原因・症状・治療方法について。

更年期うつとは、更年期障害の症状による憂鬱感や、苛々に併発して起こる

うつ病の事を指します。

特に女性の場合は、月経周期・妊娠・出産・更年期等、ホルモンの変化に大きな影響を受けます。

この体調の乱れや精神状態の不安定さが、うつを引き起こす事があります。

●原因

更年期の女性の多くは

・夫婦関係

・近所付き合いやトラブル

・子供の自立による孤独感

・職場での人間関係

このような問題を体験する事で、精神面や健康面で自分の今後に対する不安を感じる事が多いのです。

更年期の女性はホルモンの減少による直接的な更年期障害の症状と伴なって、

心理的な要因でうつの症状を引き起こす事があると言われています。

うつ状態になりやすいタイプ

・完ぺき主義者

・忍耐力がある

・責任感が強い

・真面目である

・他人の意見を気にする

・融通が利かない

このようなタイプの人が多く、男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。

●症状

・眠りが浅い

・夜中に何度も目が覚める

・気持ちが安定しない

・不安で仕方がない

・いつも苛々している

こうした心理的症状から、うつ病へと発展していく人も多くいます。

まずは、自分自身が気付く事が大切です。

更年期障害としての症状ではなく、うつ病として併発していた場合もあります。うつ病とは気付かずに更年期障害としての治療を受けていても、うつの症状は改善する事が難しいのです。そして、更に更年期障害を悪化させる場合もあるのです。

●治療方法

精神安定剤を服用したり、漢方薬・ホルモン療法カウンセリングを受ける方法があります。

また、周囲の人からの理解も必要です。

なかなか理解してもらえない事が多いのも、辛かったり孤独感を感じる理由だったりします。

パートナーと一緒に病院へ行き医師からの説明を聞いてもらう事で、自分の今の状態を相手に知らせる事ができます。

普段の生活では音楽を聴いたり、好きな人や信頼できる人とおしゃべりをするのも良い方法です。

たまには旅行へ出掛けてみたりと、自分なりのリラックス方法を見付けてみましょう。

特にうつのような症状が現れる人は、過剰に頑張ったり真面目なタイプです。

無理をしてしまう人が多いので、身体が疲れたら休んだりのんびり過ごす事も大切です。

心と身体は一体なので、

心がリラックスして満たされると身体も元気になり活気も出てくるようになります。