読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「言えてスッキリ」って気持ちはすごく分かる

乾癬の発症は、男は30〜40代、女は10代と50代〜60代での発症が多いと言われているから、今発症してない人でも発症する可能性のある病気だから。

汚いと言った人間も、将来発症するかもしれないわけで、自分がなったらそのつらさも分かるんだろうなぁって自分は思うけど。

まぁ、自分は男だけど、10代後半で発症して20年以上苦しめられている皮膚病だけど。

症状は、米粒大から1円玉くらいの大きさの発疹みたいなのが出て、その部分の皮膚が薄く乾燥して剥がれるみたいな感じかなぁ。

酷くなると、それらが重なったような状態になってきて、こぶし大とか背中全面みたいな状況になって。

自分の場合は、頭皮から首回り、背中お腹、両腕両足、全身に症状が出て、特に背中ほぼ全面、両腕の外側、両足のすねもほぼ全面に重なった状況で、皮膚科の医師から乾癬患者の中では重症と言われるくらい酷い状況だった。

自己免疫疾患の皮膚病で、根治治療法や根治薬はまだ見つかっていないらしいし。

症状を軽減したり、症状を抑える方法しか今はない慢性的皮膚病で。

何かの拍子で症状が出なくなって、治った?って感じもあるらしいが。(症状が軽いや重いの個人差もあるのだろうけど)

強いステロイド軟膏を塗っても改善せず。

強い副作用のリスクのある「チガソン」を飲んでも改善せず。

「チガソン」は、催奇形性のリスクがあるから、女性は服用中及び服用停止後2年以内は妊娠しないように、男は6ヵ月間、避妊して妊娠しないようにって注意を受ける薬。

将来、子供が欲しいと思ってる人なら、怖くて飲めないよね。

免疫抑制剤の「ネオーラル」を飲んでも改善せず。

「ネオーラル」は副作用で、高血圧になったり、腎機能障害だったり、感染症にかかりやすくなる可能性があると注意を受ける薬。

今は、生物学的製剤の注射で症状を抑えて全身ほぼ症状が出ていないほど改善しているけど。

この注射1本の薬価は7万5千円。毎月1回に2本の注射。

保険適応3割負担でも、1か月に4万5千円

注射で症状が出るのを抑えているだけで、注射を止めたら徐々に元に戻る可能性が高いって医師から言われているけど。

症状が出なくなったら、治ったんじゃないかって、経済的にも注射を止めたいって思うんだけどねぇww

発疹の症状は出てないが、色素沈着の全身斑点模様は残ってる。

その跡で肌が汚いって思われるって事よねぇ。

まぁ、自分は、重症の乾癬で苦しんでた時の自分の裸を鏡で見た気持ち悪さに比べたら、色素沈着の斑点模様で肌が汚いって思われるのは、気にならないレベルだけど・・・

女性が、顔だとやっぱり気になるかもなぁ。

自分も、病気のことを周囲に言って、理解してもらうことで楽になった部分は大きかった。

中には、理解してもらえない人がいることも仕方がないって思ってるし。

自分が同じ状況にならないと理解できない人もいるし。

女の生理痛や妊娠の苦労や苦しみを男に分かってって言っても、完全に理解する事は不可能で。

その症状や状況を聞いて、そういう状況なんだって理解してあげようと思うくらいしかできないしね。

病気も同じなんだよね。伝えて分かってもらうしかないというか。

「言えてスッキリ」って気持ちはすごく分かるなぁ。

「言えてスッキリ」 道端アンジェリカ、ネット上の「肌汚い」の声にすっぴん公開&持病告白