読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッチリじゃないの〜

日記連投のマサオです。

最近メッキリだったので気合いです。

サクッといきます。

フイルムカメラです。

今回はこれ。

Pentax MX

Olympus F.zuiko50mm f1.8

(FTLM42スクリューマウント)

Kodak super gold400

EPSON PM-A750

師匠より頂いたMXです。

非常にコンパクトなカメラです。

マサオのMEsuperのお兄さんです.。

大切に使わせていただきます。

で、レンズは Olympus F.zuiko50mm f1.8(FTLM42スクリューマウント)です。

MXのマウントはKマウント(ペンタックスは現行モデルもKマウント)です。

今回のオリンパスのレンズはM42マウント(スクリューマウント)です。

MXはボディが非常に小さい機械式カメラです。

F.zuiko50/1.8は結構コンパクトな造りをしています。

Pentax smc M50/1.7の全長30mmと実際に比較してみるとOlympus F.zuiko50/1.8(M42)は31mmとsmcと1mmしか違わず、外径に関してはsmcよりzuikoの方が2.5mmも小さいんですよ。

左がpentax smc M50/1.7 右がOlympus F.zuiko50/1.8(M42

しかも最短撮影距離がOMのzuiko50/1.8が45cmなのに(smc M50/1.7も)M42のzuikoの方が40cmと5cmも短く撮影可能なんです。

ま、そんな訳で何となくコンパクトな機械式MXに意外にコンパクトなM42のF.zuiko50/1.8を付けてみたくなりました。

KマウントのMXにM42のレンズを付けるにはペンタの「マウントアダプターK」を付ければ装着可能です。アダプターは社外品でもいくつかありますがマサオは純正を選択しました。レンズ側の絞り込み測光の絞りピンを押し込んでないヤツです。このピンを押し込んでいると常に実絞り状態になりますのでF値を決めてのピント合わせではファインダー内が暗くなってやりにくいのです。

さいわいOlympus F.zuiko50/1.8(M42)はレンズ側でオートとマニュアルの切り替えが可能なのでオート(解放状態)でピントを合わせた後、マニュアルにレバー(OMレンズのプレビュースイッチみたいなもの)を押し込み固定すれば絞り込み測光が可能で、後はシャッター押すだけなのです。(M42レンズは絞り込み測光が基本です)

書いているとややこしいですね(にわかなので当てになりませんwww)

では、マウントアダプターKをMX装着してレンズを取り付けます。

M42はスクリューマウント(Sマウント)と呼ばれる様に外径42mmのオス型のネジ式マウントです。

他にもプラクチカマウントとかPマウントとか呼ばれています。

かつて世界的に著名なレンズメーカーが参入したユニバーサルマウントなのです。

だから沢山種類があります。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/M42%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

こんなにありますww

それはさて置きレンズをカメラにねじ込みます。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・あら?

レンズ側のの突起がじゃましてきちんと装着できませんwww

まあ予測はしていましたが・・・「付けばいいなぁ」なんて思っていましたがやはりダメでした。

このレンズの突起は絞りリングの所に1mm飛び出しています。

これは昔から削り取ってしまう人がいるようですが、この突起が無くなるとオリンパスFTLと言うOM-1の前にほんの少しの期間販売された解放測光(!?)のカメラに付けた時、絞り値が伝達できなくなるのです(たぶんww)

なぜならこのF.zuiko50/1.8(M42)はFTL専用のレンズだからです。

ttp://www.hayatacamera.co.jp/monthlyphoto/olympus-ftl-f-zuiko-50mmf1-8/

まさはFTLを持っていませんが縁があれば手に入れたいと思っていますのでピンは削れません!

なので、苦肉の策として1mmの突起を逃がしてやる事にしました。

1mm厚プラ版で内径42.5mm(気持大きめ),外径53mm(ペンタのSPOTMATIC寸法)のワッシャーを作成しました。

これをカメラとレンズの間にかませて装着させます。

装着できました!

絞りリングもちゃんと回ります。

MXのファインダーを覗くとレンズのF値も反射して逆さまですが何とか認識できます!

社外品のレンズ付けても、しっかりフルメータードマニュアルをしています。

意外に似合ってます。

レンズキャップが付いているとなんか変で面白いw

しかし、M42フランジバックは45.5mm(Kマウントも同じ)ですので1mm伸びる事になります・・・

これによる弊害は無限遠(∞)がでない事です。

要するに遠景でピントが合わないという事ですwww

実際ファインダー覗いてレンズを無限遠に合わせても遠景がピンぼけに見えます。

何のこれしき!

マサオに秘策あり

きっと何とかなります(ホントかよ・・・)

前置きが長くなりましたが試し撮りです!

フィルムはコダックのマサオが好きなsuper GOLD400です。!

 

つーか、期限が切れてしまっていたので冷蔵で保管しているけど使いました。

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかバッチリ遠景も撮れています!

これはレンズの絞り値を最大に絞って(f16にセット)無限遠に合わせてピントのきていない状態でシャッター切ったものです。絞った事により被写界深度が深くなったので遠景のピントが合ってる様に撮れたんですね。

厳密にはピントはきていないのでしょうけどマサオはこれで充分です!

おっけー!

バッチリじゃないの〜

しかもフランジバックが1mm伸びたせいか寄りが40cmよりも近寄れる様なマクロ効果も発揮しています。

ま、ちゃんと撮れるのなら結果オーライですねw

このレンズなかなか写りが良いのではないでしょうか?

スキャナーで読み込む時シャープはかけていますが、かなりシャープに写っている様な・・・抜けも良いのでは?

さすが定評のあるzuikoレンズです。

ボケも騒がしくなく素直な感じです。

この日は曇っていましたので逆光のテストはしませんでしたが、恐らく古いレンズなのでコーティングが弱くゴーストやフレアが盛大に出るのでしょうが、それはそれで味になりますから良しとしましょうw

この組み合わせはコンパクトで結構気に入りました。

見た目もかっこいいですしね。

マサオは変わったのが好きなんですwww

フルメータードマニュアルの機械式カメラにM42の絞り込み測光の撮る手間の掛かるカメラです。

時代に逆行しているけど普段の忙しさを忘れて手間を惜しまず、じっくり撮ると言う行為が結構気に入ってます。

ペンタのSで撮ればいいけどあれはデカくてね・・・

やっぱコンパクトが一番ですね。

smc M50/1.7を装着したサイズと大して変わりませんし、むしろF.zuiko50/1.8(M42)を付けた方がコンパクトな印象でバランスが良い様な?(気のせいかなw)

シャッター音もパシャンっ!て感じで気持がいい音です。

これからMXの標準装備はF.zuiko50/1.8(M42)で決まりです!

長くなってすみません・・・

またその内書きます。

カメラは常に増殖していますのでww

日記が追いつかなくなってきましたwwww

それではまたその内〜

全然サクッといってませんでしたねw